カワラタケ2019年10月02日


カワラタケ
カワラタケが倒木に群生していました。
黒と白のシックな模様。
黒い部分もよく見ると、ただの黒ではなく、グラデーションと質感がきれいです。

カワラタケ群生
反対側にも群生しています。


ホコリタケ2019年10月05日


ホコリタケ
ホコリタケの仲間。倒木に発生していました。

ホコリタケ
虫か何かにあちこちかじられています。

ホコリタケ
こちらは地面に発生していました。

種名はキツネノチャブクロか、タヌキノチャブクロ。
違いがよくわかりません。

キララタケ?2019年10月06日


キララタケ
枯れ木のうろに生えていました。
ヒトヨタケの仲間だと思うのですが、キララタケかな。


ビョウタケ2019年10月09日


ビョウタケ
とても小さなキノコです。
黄色とオレンジ色のが交互に並んでいました。違う種類なのか、発生時期が違うので色と大きさが違うのか。今度見にいったら確かめます。


ビョウタケ
写真左のほうに、ぼやけていますが、まさに画鋲が木に刺さっているように見えます。



マルトビムシ2019年10月10日


マルトビムシ
マルトビムシの一種
キノコを食べに来た。ちょっと驚くと一瞬で姿を消す。


マルトビムシ
触覚の模様がカラフル。
橙、紫、黄、黒、白のしましま。

タマツノホコリ2019年10月12日


タマツノホコリ
変形菌、タマツノホコリの未熟な子実体。胞子を出す前の透明感のある状態。
放射状に広がるミルククラウンの様できれい。

ツキヨタケ2019年10月23日


ツキヨタケ

ツキヨタケ
森のあちらこちらにツキヨタケが出てきました。今年はいつもより発生が遅いようです。油断していたらすっかり大きくなっていました。中には直径25センチくらいのもありました。
写真では鮮やかに緑色に光っていますが、実際にはうっすらと、なんか明るいかな、くらいの明るさです。
でも、光っているのを見ると感動します。

苔の舞台2019年10月30日


ヒキガエル
雨の日、森を歩いていると、苔むした倒木の上にヒキガエルの後ろ姿が見えました。じっと一点を見つめて微動だにしません。そっと前に回ってパチリ。
苔の舞台で見得を切る歌舞伎役者のようでした。


舞台の下に棲んでます2019年10月31日


ヒキガエル
苔の舞台の下を棲家にしているヒキガエル。
見得を切っていた個体とは別個体。